○TOP > リノコでクロス張替えリフォーム、こんな感じに進んでいきました

リノコでクロス張替えリフォームを依頼した様子をリポートします!

現地調査・そして施工と、クロス張替えリフォームの様子を画像を交えながら
ご紹介していきます。

☆現地調査、ちょっと緊張!
リノコに、クロス張替えリフォームの問い合わせ・依頼をしました。
中古マンションを購入した不動産会社提携のリフォーム会社よりも、費用が格段に安く済みそうだったので
リノコに依頼することにしました。

まずは、現地調査から始まります。

当日は職人っぽい男性が来られました。
私はあとで知ったのですが、施工会社の社長さんだったようです・・・。
威張る様子や余計な話もなく、職人さんって感じでした。
部屋の採寸や工事の日程などを話しあい、後日、明確な予算をメール連絡してくれることになりました。
今回依頼したリフォームは、4LDKの部屋すべてのクロス張替えと、
キッチン・トイレ・洗面所の床の張替えです。

廊下やトイレ・洗面所や玄関は傷や汚れがつきやすいので、ハイグレード壁紙を選択。
部屋とキッチンはスタンダードの中でもひっかき傷などつきにくいタイプを選択しました。
スタンダードとハイグレード、6対4といったところでしょうか。
工事の総費用は40万弱となりました。
スタンダードのみであれば、もっと価格は抑えられるかと思います。
金額に納得したので、工事日程を決めた後にリフォームを正式に依頼をしました。

☆クロスのカタログ、こんな感じです。

クロスのカタログです
リリカラというメーカーのクロスカタログです。
かなーり分厚く、そしてかなーり重い・・・・です。腰痛持ちの方はご注意ください。
手触りはしっかり確認!
中身は印刷されているわけではなく、1枚1枚、壁紙が小さく切ってあって貼ってある状態です。
壁紙の触り心地や色味が正確にわかります。
お気に入りの壁紙を見つけよう!
様々なカラー、模様、機能などなど、盛りだくさんの壁紙が満載!!
選ぶのが大変ですが、選ぶ楽しさも味わえます^^

☆クロス、ビフォーアンドアフター

汚れた壁紙もリノコで手軽にリフォーム!
クロス張替え、施工前です。
洗面所のクロスですが、なんだかいろいろと汚れていますね・・・。
つもりにつもった汚れ、な感じです><
細部に至るまでしっかりクロスが貼られています。
施工後です。
コンセントカバーというのでしょうか、そこも丁寧に貼ってあります。
カバーを外して壁紙を貼り付け、そしてカバーをつけ直してくれていました。
美しい仕上がりですね、さすが職人技です。
細かい細部までしっかり丁寧に貼り付けてあります。
少しだけ、ぷくっとなっている部分がありますが、時間が経つにつれまっすぐ平らになるとの話でした。
何日かして確かにまっすぐになったので一安心。
ごちゃついているような貼りにくい部分でも、見事なほど綺麗な貼り付けでした。
素人ではできない技ですね。

クロスが綺麗になると、中古マンションが見違えるほど印象が変わりました。
価格も仕上がりも大満足、リノコにリフォームを依頼して大正解でした!!

クロス張替え、私はこうしてクロスを選んだ!

クロス(壁紙)を張替える際、壁紙をどんな模様にしようか色はどんなのがいいのか・・・
悩む楽しみ、なんて言ってる場合ではなかった私。
クロスのカタログをリノコからもらい、別メーカーからもカタログを取り寄せたのはいいのですが。
いかんせん、種類が多い!!
「この壁紙、かわいくていいな」「模様がステキ!」と思って決めても、部屋に合わせてみると・・・
う~~ん・・・合わない、なんて事になり。壁紙決定まで時間がかかりました。

画像はもらったクロスのカタログです。色々な機能や特徴、カラー、模様・・・
選ぶのが楽しいと言えば楽しいのですが、決定するまでが大変でした。

壁紙は気に入った物をしっかり選ぼう!

私は中古マンションを購入し、それまで住んでいた賃貸マンションを引っ越すまで
1ヶ月くらいの時間がありました。
掃除のため新居を何度も行き来し、その合間にカタログを開いてクロスを選んでいたんです。
古巣である賃貸の部屋でクロスのカタログを見て、これいいなこれにしよう!と思って、
いざ新居に行って壁紙のサンプルを壁に当ててみると・・・・合わないものなんですね。
やはり、お家それぞれで部屋の雰囲気や色彩、明るさなどがまったく違うようです。
それだけではなく、床の色味によっても合う合わないがあるような感じがしました。

カタログを見るだけで選んではいけないと良い勉強になりましたね。

クロス選びの大事なポイント!それは・・・
必ずサンプルを壁に当てて、近くから遠くから眺めてみること!
カタログを返却する必要がないものなら、サンプルの生地を剥がして壁に直接ペタ!
返却する必要のあるカタログなら、壁沿いにイスや机などにカタログを乗せて、あるいは
誰かにカタログを持ってもらって眺めてみる!
ちょっとした手間ですが、施工が終わった後に後悔しないためにもこれが大事です!

リノコのこと、もっと詳しく!